ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

ゴルフ考え方 名言 懐メロ を 紹介 する ブログ です。

パターが良くなった考え方

一番は歩測を

したことです。

 

1歩1ヤードで

合わせていましたが

早い時期に自然の一歩が

一番正確なのに気づき

1歩65cmの自然な

歩測を始めました。

 

8.5フィートの

一番行くゴルフ場で

5歩、10歩、15歩

20歩の距離感を

磨きました。

 

今では無意識で

5歩、10歩と

唱えるだけで打てる

ようになりました。

 

これが一番です。

3パットを滅多に

打たなくなりました。

 

次にボールに

ラインを

入れたことです。

 

ボールのラインと

パターのシャフトの

片面を合わせて

常に正しい

ストレートラインが

打てるように

なったことです。

 

パターの芯と

ボールのラインが

必ず直角に

そしてボールの

真芯に当たる

ようになったことです。

 

そしてパターのヘッドを

トゥーを上げたり

下げたりしないで

いつも地面と平行です。

 

それらを

工夫したことにより

いつも同じ転がりが

できるようになりました。

 

そして最大のポイントは

ラインを1ラインに

したことです。

 

たくさんのパターに

関する本を読みました。

 

パターのフェイスが

直角に当たれば

必ず真っすぐに

転がることに

気づきました。

 

ほとんどの人が

ボールの横で

素振りをして

そして本番と

ラインが微妙ですが

2ラインになります。

 

ちゃんとずれている分

目標をずらして

構えている人は滅多に

見たことがありません。

 

右利きでしたら

数ミリ左から

ホールの中心に向かって

斜めの目標に

素振りし

本番真っすぐの目標で

打っているのです。

 

2つのラインに

なることが自分自身

許せなかったので

ラインの真上で

素振りをし

距離感イメージして

そしてボールの後ろに

セッティングして

打つという

1ラインの考え方

からくるパッティングを

編み出しました。

 

よく一緒に回ると

終盤に真似をする人が

でできます。

 

多分、数ミリ左から

ホールに向かって斜めに

素振りして

まっ直ぐ打つことに

もしくは数ミリ左から

目標を数ミリ

左にずらして・・・

そういう人は

滅多にいませんが・・・

素振りした後

真っすぐ構えて

まっすぐホールに

向かって打つことに

違和感を感じているので

真似をしたくなる

のだと思います。

 

1ラインの考え方を

マスターしてからは

狙ったところに

良い転がりで

打てるようになりました。

 

宮里藍も私と方法は

違いますが

ボールの後ろで

素振りをしてイメージし

真っすぐを合わせたら

一発でパッティングする

1ラインの考え方でした。

 

今話題の

渋野選手もそうです。

 

お試しあれ

上手な人はマン振りしないのです

上手な人を

良く見てください。

マン振りしないのです。

7割、8割の

力加減です。

 

本当にうまい人は

6割ぐらいに見えます。

 

特にグリーンを

狙うショットは

振り幅も

スリークォーター

もしくは、ハーフです。

 

マン振りすると

同じショットをする

復元性の確率が

悪くなります。

 

一か八かの

ショットになります。

 

常に安定したショットを

打てる力加減で

ショット致しましょう。

 

ゴルフが変わりますよ。

 

私は、もうマン振りは

練習場でも

コースでも

一切やっていません。

 

どれだけ調子が悪くても

90は叩かなくなりました。

 

簡単なコースだと70台も

たまにはでます。

 

マン振りをやめると

決心するだけで

ゴルフが変わります。