ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

ゴルフ

鉄則!グリーンは手前から

ついついピンを 狙ってしまいます。 寄ったように 見えても 横から、奥からでは 1mでも なかなか入らない パッティングと なります。 またオーバーだと 下りは距離感に 神経使うので 寄る可能性は 極端に低くなります。 入る可能性は ほぼ0です。 もっと…

うまいアマチュアは保険をかけた狙い方をする

うまいアマチュアは 保険をかけています。 プロはバーディーを 取らなければ いけないので ピンを狙いますが それでもやはり 保険をかけています。 大崩れする アマチュアは プロより一か八かの シッョトを 打っています。 例えば一緒に回ると 良く球を捕ま…

パッティング練習の優先順位

パッティング練習は ついつい ホールに入れる 練習をしがちです。 まず距離感です。 プレイ時間の妨げに ならないように 必ず歩測する習慣を つけましょう。 歩測をしない人は 何十回とした ゴルフの経験を 捨てています。 もったいないです。 歩測をしてい…

アマチュアの8割のミスがヘッドアップ

トップ、ダフリの 連続が始まったら ヘッドアップ を疑おう。 一緒にプレイしている 90オーバーの人でも (まあまあうまい人でも) ミスショット時は かなりの確率で ヘッドアップしています。 今度観察して みてください。 人のことは物凄く わかりやすい…

ボールは新品でなくても良いので同じボールを使おう

よくロストボールで バラバラの ボールを使っている人 がいます。 ボールは将来 90ペースになる 時のことを考えて 今から同じボールで プレイしましょう。 やわらかいボールから 固いボールまでは ポーンから カン!!まで イメージが違います。 本物のパ…

基本的マナー真後ろに立たない

今の人たちは 厳しい先輩にマナーを 教わっていません。 特に ティーショットの時に 真後ろに立つ人が 多くなっています。 無意識に しているので 何度教えてあげても やります。 もう懲りて 真後ろに立つ人が いたら 真後ろに立つと どれだけ打ちにくいか …

池、どう考える?

目の前に池 どう考える? 前向きな人は 池が見えないそうです。 すぐに池を 話題にする人は 高確率で 入ってしまいます。 見事にですね。 そんなに 人間は強くないので 考えてしまいますよね。 最低、 池の話題を我慢する。 同じ組の人が 話題を振っても ゴ…

一番簡単なホールパー5、イメージ変えてください。2回ミスしてもパーが取れるのです

500y 近くのパー5 女性は400yに 置き換えてください。 実は一番簡単な ホールなのです。 飛ばさなくて 良いのです。 まずティーショットは 200y近く飛べば 十分なのです。 多少のセミラフでも 良いのです。 180yでも 良いのです。 OB以外…

スタートホールの心構え

スタートホール 何を考えていますか? まずドライバー 100切るまでは ほとんど右に出ます。 球筋をイメージして 右に出ても 右にスライスしても OBにならない イメージです。 朝いちばんは極端な話 150yでもOKです。 OBだけが駄目です。 朝一番…

乱数アプリを使った練習法!面白いですよ。

練習場での ひらめきで 全て自分で 編み出しました 乱数生成アプリ を使って 練習する方法です。 まず『乱数生成』を 自分のスマホに ダウンロードします。 たくさんありますので 自分の好みのを 探してください。 私は『乱数生成』 というアプリを 使用して…

シンプルに、ショートパットはフェイスの向きが全てです

ショートパットを 感覚で 打っている人がいます。 入っている時は いいですけど 入らなくなると 迷路に入ります。 やはり感覚でしか ないのです。 ショートパットは フェイスが直角に ボールに当たれば 少々インサイドに 引こうが アウトサイドに 引こうが …

シャフトの「考え方」、Rシャフトは恥ずかしくないのです

Rシャフトは Regular レギュラー シャフトの 略です。 平均的な ヘッドスピードの 人向きの フレックスです。 ヘッドスピードは 40m/S前後が 目安です。 R2などの Rよりも柔らかい フレックスもあります。 私もSを 使っていました。 何か勝…

もう一度初心者の皆様へ 100切りを早くしたい人は6インチプレースをフル活用しましょう

楽しいゴルフが もっとうです。 100を切るまでは 6インチプレースを 使いましょう。 私は、会社のコンペ入賞が 目標です。 競技ゴルフをする気も 正式ハンデをもらう気も ありません。 ただ楽しくゴルフが したいだけです。 会社コンペの ルールが スル…

ピンの位置どこでもグリーン真ん中狙う大切さ

先日のプレイで パー5、ドライバー ナイスショット セカンド フェアウェイウッド ナイスショット 残り80ヤードと 110ヤードの チャンスが 2回ありました。 両方とも ピンが手前でした。 風6mあり 手前が バンカーでした。 ライも良くぶれても 1ピン…

パー3の極意その2

パー3は 結果おうらいでの バーディーがとれる ホールです。 誰でも一度ぐらいは 初めてのパー 初めてのバーディーを ショートホールで 取ったことが あると思います。 だからゴルフは やめられなく なるのです。 常にピンまっしぐら 実はプロでも やらない…

パー3の極意

パー3では 無心になって グリーンの ど真ん中を狙う これだけで 変わります。 グリーンの横幅の 真ん中です。 距離感もグリーンの 真ん中です。 全てのショートホールで グリーンのど真ん中に ピンが立っていると 思ってください。 100切れない人は 4回…

アニカ・ソレンスタムのパッティングの極意

パッティングでは ボールの入口は 正面センターでは ないのです。 正面センターは 真っすぐの ラインだけです。 スライス、フックは カップの高い方の面が 入り口なのです。 ボールはカップの 正面から 入るのではなく 高い方から入る カップの高い方を 正面…

深い!グリーンど真ん中を狙うとよい理由

ピンがどこに 切っていても グリーン真ん中を 狙う 消極的に思えますが 実は良いことだらけ なのです。 グリーンの真ん中は どこにカップが 切っていても グリーンの幅の半分の 距離しかないのです。 よっぽどのことが 無い限り 2パットでいける 距離になる…

ゴルフ場についたら何をするか。優先順位。

まず前日は良く寝る 睡眠不足では ベストパフォーマンスは できません。 ゴルフが 楽しくないです。 1時間前には 到着したいです。 次にすることは ストレッチです。 手首、足首、股関節 肩、腰、 ガチガチです。 やわらかくなるまで ストレッチです。 次は…

パターのライン読みのヒント

パターの ライン読みの順番です。 まずグリーンに 近づくと 大きな傾斜を 見ます。 次にグリーンに乗り ボールを マークします。 マークした後ろから 傾斜を見ます。 次に反対から カップの 向こう側から 傾斜を見ます。 同じ読みなら 自信を持って 読みがフ…

9.5フィート、10フィート、ちゃんと曲がる

ホームコースを 持たないゴルファーへ 9.5フィート 10フィートの 早いグリーンの 考え方です。 9.5フィート 10フィートの 早いグリーンは ちゃんと曲がります。 ほんの少しの 傾斜でも ちゃんと 曲がります。 これを 覚悟しておくだけで ずいぶん…

スタートホールの心構え

スタートホール何を 考えていますか? まずドライバー 100切るまでは ほとんど右に出ます。 球筋をイメージして 右に出ても 右にスライスしても OBにならない イメージです。 朝いちばんは極端な話 150yでもOKです。 OBだけが駄目です。 朝一番…

SWを押す感覚覚えてベタピンたまにチップイン

SWのアプローチ バンスを使いながら ダフリながらの アプローチ 飛んだり 飛ばなかったりでした。 ある時 押す感覚が 突然わかりました。 飛球線方向に 押すのです。 方向性も良くなり 飛んだり 飛ばなかったりが なくなりました。 パターも ドライバーも …

パッティング、上り、下り、目から鱗の情報

グリーン 上りか下りか よく分からなく なりますよね。 当たり前なのです。 グリーンを 熟知しているプロが 錯覚を起こして まともに 見えないように 設計しているから なのです。 だから よく信じられない方に 逆に曲がるのです。 基本はグリーン 上がる前…

雨の日のゴルフの心構え

雨の日のゴルフ 大変やることが 多くなります。 傘をさす カート雨除けかかる グリップ 濡れないように グローブ 濡れないように 本降りなら なるべく早くに 傘を持たなくて良い 雨仕様の服に 着替えましょう。 地面が ぬかるんでいるので 少しのダフリでも …

パッティングの転がり記憶しましょう。財産になります。

パッティングの 転がりを 打ち終わった後 頭で復元して イメージできますか。 ほとんどの人が 1ホール前の パッティングのラインを 忘れてしまっています。 一度打ち終わったら 入っても、外れても もう一度通ったラインを 頭で復元する 習慣をつけましょう…

ゴルフ、午後スルーでプレイする人のために 日没対策

午後スルーは だいたい13時過ぎから スタートです。 人気コースなら 16時前に 後半スタートで 日没が気になりますね。 5月以降は 大丈夫ですが 4月末くらいまでは 心配です。 参考にしてください。 日没を ネットで調べます。 例えば心配な 4月のある…

刻むと決めたら徹底的に刻む、刻む時の心構え

ゴルフで刻むことを レイアップといいます。 ロングホール途中に クリーク(川)があり クリーク(川)を 超すには リスクがあり 確率が低すぎるので よし 刻むと決めました。 クリーク(川)まで 実測で150Y 何ヤード打つと 決めますか? 140yの イ…

トラブルの練習もしておきましょう

林に入るなどの トラブルどうするか? まず転がすことです。 7番アイアンを できるだけ短く持って 50y転がす練習を 練習場で しておくことです。 7番アイアンが できたら 次は一番短いウッド でもいいし ユーティリティー でもいいです。 一番短いクラブ…

OBを打たない考え方

うまい人を 見ていてください。 OBとか、池とか ネガティブな ワードがでません。 初めてのコースなら 聞くでしょう。 何度か行った コースなら 本当に 言わないのです。 よく あそこはOB 池 という人の方が 圧倒的に OB、1ペナに なる率が 高いので…