ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

ゴルフ

トラブルの練習もしておきましょう

林に入るなどの トラブルどうするか? まず転がすことです。 7番アイアンを できるだけ短く持って 50y転がす練習を 練習場で しておくことです。 7番アイアンが できたら 次は一番短いウッド でもいいし ユーティリティー でもいいです。 一番短いクラブ…

OBを打たない考え方

うまい人を 見ていてください。 OBとか、池とか ネガティブな ワードがでません。 初めてのコースなら 聞くでしょう。 何度か行った コースなら 本当に 言わないのです。 よく あそこはOB 池 という人の方が 圧倒的に OB、1ペナに なる率が 高いので…

本気の素振りを推奨します

ラフにボールが 沈んでいます。 ボールの 動かない場所で 同じ環境で 本気の素振りです。 ボールがあるつもりで 打ちます。 その時のイメージが 悪ければ間違いなく 結果も悪いです。 マナーもありますので 本気の素振りは 2回までです。 2回で最大限の イ…

フェアウェイバンカーの考え方

フェアウェイバンカー 100オーバーの人は 大たたきの引き金に なる場所です。 無理せず、まず出す ダフらない、トップでも 脱出できるクラブを 選んで ダフるよりも トップが良いの考え方で ダフると もう一度バンカーです。 きれいに打てる人は 砂の抵抗…

セカンドの待ちチョロを防ぐ考え方

混んでいる日曜日 ロングホール セカンドを待っている。 なかなか打てないのに 何度も素振りしてしまい イメージしてしまい もういいかな いやあ 近くまで届きそうだから あの人打つまで待とう 10中、8、9が ミスシッョトです。 これを待ちチョロと いい…

フェアウェイウッドのコツ

私はミドルアイアンより ロングアイアンより ユーティリティーよりも フェアウェイウッドが 大好きなのです。 マルマンという メーカーの シャトルシリーズを ずっと使っています。 2番ウッドから 13番ウッドまで あるのです。 2番、5番、7番 9番、1…

アドレスの向きを考える

アドレスを 真っすぐ構える これはプロでも 難しい事です。 私も練習場で 棒(スティック)を 置いて真っすぐの 確認をします。 よくプロも やっていますよね。 方法はググれば 何通りもでてきます。 プロでも段々と 狂ってくるので いつもチェック しているの…

ポジィティブとネガティブでハーフ5打違うメンタルのお話し

ああ、チョロったあ ああ、トップだあ 林だ、どうしよう ダフったあ、くっそ 前に進んで良かったあ OBにならなくて 良かったあ 出すだけにしよう バンカー超えて 良かったあ 全てポジィティブな 言葉を使う それだけで スコアが良くなるのです。 過去は変…

パッティングの極意 ジャスト ワン パット

バーディーパット パーパット ボギーパット どんなパットにも 名前をつけたら ダメなのです。 バーディーパットと いう名前です。 パーパットも バーディーパットも そこの1打だけを 切り取ってみたなら どちらも普通のただの 1回のパットです。 それに名…

アプローチは徹底してなるべく転がす

グリーン周りの アプローチも 考え方次第で 大きくスコアは 変わります。 どうしても フワッと上げる アプローチに したくなりますが アプローチは 必ずしもボールを 高く上げる 必要はありません。 むしろ バンカー越えなど以外は 低く打ち出して 転がして…

ゴルフパートナーを愛用するわけ

ゴルフパートナーが 大好きです。 昔は飛ぶクラブが でたというと 新品を買って また半年したら さらに飛ぶと また買って ある時気づきました。 毎回 モデルチェンジの度に 10ヤード飛距離が 伸びていたら 今頃は500ヤード 飛んでるはずだと 新品買って…

バンカーを徹底的に避ける

バンカーを 徹底的に避ける。 苦手な人は 出すだけでも 2打、3打 かかってしまう ケースもあり スコアを崩す 原因になります。 100オーバーの方は なぜバンカーに 入れてしまうのか。 それは常にピンだけを 狙っているからです。 ほとんどの 100オー…

名言集 ゴルフは人生と同じ

ゴルフとは 耳と耳との間の 5インチ(約13cm) のコースで プレーされる ゲームである。 ボビー・ジョーンズ 練習を重ねるたびに 運が上がる。 アーノルド・パーマー ゴルフでは 次のショットが 一番大事である。 ベン・ホーガン どれだけ うまくなった…

精神的にも技術的にもスロースタートのすすめ

朝一番の ティーショットの前 何を考えていますか。 まずストレッチを 念入りにします。 50過ぎてからは 足首と手首が固いのが よくわかります。 念入りにほぐします。 股割をします。 健康骨を 柔らかくします。 ドライバーゆっくり 素振りして イメージ…

直前練習のイメージ

まずストレッチです。 股関節、手首、足首 健康骨、ほぐします。 SW、25ヤード 30ヤード、35ヤード 40ヤードです。 1~2球ずつです。 マン振りしません。 特に押すイメージを 開眼してからは 目標に押す そして距離感重視です。 必ず1球ずつ 本…

つま先下がりのライ(つま先が下がっている状況)について

スライスボールが 出やすい。 場合によっては シャンクも出やすい。 トップしやすい。 距離が出ない。 ダウンスイングの時に 体が前に 突っ込みやすい。 前後の体の動きを 意識的に 抑えるようにして 打つことが大事。 ボールの位置までが 遠くなるので 腰を…

つま先上りのライ(つま先が上っている状況)について

フックボールが出易い。 私の経験で 力まず普通の力加減で 打つと自然と 左に行きます。 ダフリ易い。 距離がでにくい。 絶対に短く持つ。 距離を望まない。 1番手上げる勇気。 かかと寄りに 体重がかかって くることで ダウンスイングで 体が前後しやすい…

左足下がりのライ(グリーンに向かって下っている状況)について

右に プッシュスライスが 出易いので グリーン左を狙う。 ボールが 上がらないので ライナーで良し。 エッジめがけて 上げようと思わない。 トップが出易いので 素振りの再下点に ボールを置くイメージ。 距離が あまり落ちないので手前 手前の考え方。 手前…

左足上りのライ(グリーンに向いて上っている状況)について

左足上りのライ グリーンに向かって 上っている状況 左に引っ掛けが 出やすい。 特にショートアイアン 左を意識しすぎると 右にプッシュして 真っ直ぐに 右のボールも出やすい。 距離が落ちる。 ボールが上がりやすい 右足に体重が 残りやすい 体が右に 残っ…

全てのライについて

絶対にフルスイングと マン振りは しないことです。 どのライでも共通して 言えることは 斜面の度合いが 強くなるに従って 飛距離が落ちる という事です。 その原因は どうしても フルスイングが 出来ない事にあります。 立っているのが 苦しいほどのライで…

距離計で陥りやすいこと

今は距離計が 当たり前に なってきました。 距離計の無い時代は ヤーデージ杭で ピンまでの距離を 予測しピンの位置の データを集め エッジまでの距離を 計算し とにかく頭を 使っていました。 そうしないと正確な 距離など 出せなかったからです。 今はボタ…

トゥーダウンの理論がわかると面白い

プロは普通に しています。 例えば7番アイアン ヘッドの先のほうを トゥーと言います。 シャフトに近いほうを ネックと言います。 シャンクは ネックにあたって とんでもない斜めに 飛ぶのです。 なんかミドルアイアン いつも右にふけるなあと 思っていまし…

距離の衣替え、冬から夏で10ヤードは距離が延びる

ゴルフ大好きは 真冬もゴルフです。 だんだん 暖かくなります。 4月5月と 気のせいか距離が 合わなくなってきます。 気温が上がると 10ヤード伸びる 理屈抜きで 覚えておくといいです。 体も回る薄着になる 筋肉もほぐれる 飛んでしまう要素が たくさん…

手前の精神 よだれかけの精神

ピンを頂点にして 三角形になるように 花道に向かって ゾーンを イメージします。 これを私は手前の精神 よだれかけと 呼んでいます。 何度も痛い目に 合っています。 ピン真横のラインの パッティング しっかり曲がります。 なかなか入りません。 プロでも…

キャリーの考え方で簡単に100が切れる

手前のバンカー 手前の池 手前の川などを 超えるグリーンを 狙うショットは キャリーを 考えるのです。 150ヤード飛ぶ クラブなら 転がりまで入れて 150ヤードなら 140ヤード飛んで 10ヤード転がることに なりますね。 キャリーは 140ヤードで…

最高のショットの距離感と薄いショットの距離感を把握する重要性

皆、距離は 最高のショットの 距離感で決めています。 例えば7番で 150ヤード 10回打って何回 その距離が 出るでしょうか。 10回中3回が 150ヤード トップ、ダフリなど あきらかな ミスショットが3回 まあまあだけど 140ヤード前後かなが 4…

距離の考え方

手前のバンカー 手前の池 手前の川などを 超えるグリーンを 狙うショットは キャリーを 考えるのです。 150ヤード 飛ぶクラブ 転がりまで入れて 150ヤードなら 140ヤード飛んで 10ヤード転がることに なりますね。 キャリーは 140ヤードです。…

頭をよぎってしまったことは実現しやすい

距離の短いパー5 パーで40切る場面 パーでハーフ40切ると 思うといつも以上に 意識してしまう。 右のOBだけは嫌だな 左ひっかけも少し嫌だな フェアウェイ左端を 狙おう 普通の心理状態だと フェアウェイ左端を しっかり打とうと シンプルなのに 8番…

100切りたい人の簡単なメンタルトレーニング

こう考えを 変えてみてください。 パー4の場合 ティーショット ど真ん中に ナイスシッョトするぞを 2打目打てるところなら どこでも大丈夫 スライサーなら 左向いて構えて OB、池、以外なら クラブの振れる場所 どこでもOK 100切りを 目指している…

あて勘という考え方

あて勘という考え方が あります。 丸山茂樹氏の記事が 雑誌に載ってたのを ヒントに私の経験上での 考え方です。 ゴルフは平らな 場所がない スポーツです。 素振りをしてみます。 実際に球があるように 本気モードで 素振りします。 それでヘッドが 当たっ…