ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

名言

笑顔でいると幸せになる確率があがります

アメリカの心理学者 エルマ・ゲイツ博士が 人間の吐き出す息の 実験をしたそうです。 人間の吐き出す息を 冷却した ガラス管に集め 液体空気で冷やすと わずかな沈殿物が できるそうです。 それが人間の 感情によって 違うことが わかったのだそうです。 健…

スーパーポジィティブ思考

下方向や楽な方に 比較をしてものを 言う者は 怠け者である。 まだこんな時間か まだ仕事や勉強が できると 上方向や困難な方に 比較をしてものを 言う者は勉強家 働き者である。 一言を聞いても 人の勤勉・怠惰は 分かるものだ。 二宮尊徳翁 ゴルフをしまし…

北野たけしさんのお母さんのお話

それは北野さんの お母さんのお話 なのですね。 北野さんが 芸能界に入って 売れるようになった頃 お母さんから 「金をくれ」と 言われたというんです。 それからも 何かにつけて 法外なお金を 要求されたと。 とんでもない親だと 思ったけれども 親には世話…

人間力と経済力

道徳を忘れた経済は 罪悪であり 経済を忘れた道徳は 寝言である。 二宮尊徳翁 人間力と経済力 両方揃って 真の幸せに 近づくのかな 奥が深い お言葉ですね。

宝塚 ブスの25箇条

1.笑顔がない2.お礼を言わない3.おいしいと言わない4.目が輝いていない5.精気がない6.いつも口が への字をしている7.自信がない8.希望や信念がない9.自分がブスで あることを知らない10.声が小さく いじけている11.自分が正しいと 信じこんでい…

心のイケメン・25箇条

1. いつも笑顔である。 2. 必ずお礼をする。 3. おいしい、おいしいと 食べる。 4. 精気がある。 5. 自信がある。 6. 何に関しても前向き。 7. 希望や信念に あふれている。 8. いつも周囲のおかげ と思っている。 9. 自分を知っている。 10. 声が大きく 明…

面笑う、心笑う、笑う門には福来る

楽しいから うれしいから いいことあったから 誰でも自然と笑えます。 辛くても悲しくても 楽しくなくても うれしくなくても いいことなくても 面(顔)から笑う 笑ってみると 心もウキウキ してきませんか。 面(顔)が 笑っていながら 怒ることは 人間はできな…

実地実行

善心が起きたならば すぐに行動することだ。 飢えた人を見て 哀れと思ったら すぐに食事を 与えるがよい。 悪いことをした自分が 間違っていたと 気付いても 改めなければ 意味がない。 飢えた人を見ても 食事を与えなければ 功がない。 だから私は実地実行…

積小為大(せきしょういだい)

積小為大 (せきしょういだい) 大事をなそうと 欲すれば 小さなことを 怠らず勤めよ。 大きなことを 欲して 小さいことを怠り できがたいことを 心配して できやすいことを 勤めない。 それで結局 大きなことが できないのだ。 大は小を積んで 大になること…

本田圭佑の作文!願えば叶う

「将来の夢」 ぼくは大人になったら 世界一の サッカー選手に なりたい と言うよりなる。 世界一になるには 世界一練習しないと ダメだ。 だから、今、ぼくは ガンバッている。 今はヘタだけれど ガンバッて 必ず世界一になる。 そして 世界一になったら 大…

ほめてやらねば人は動かじ

やってみせて 言って聞かせて やらせてみて ほめてやらねば 人は動かじ 話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず 山本五十六

運・不運 Ⅱ

ここにひとつの 器がある。 それに己 というものが加わると その器は必ず傾く。 傾けば器の中の水は 必ず前後左右に 増減する。 それを世間では だれが運がよい だれが運がない などというのだ。 これはだれそれ という己が あるからだ。 己がなければ 前後…

運・不運 Ⅰ

運・不運なんて そんなものはない。 人は、方位方角で 事の運・不運 事の禍い・福を論じ 日取りで吉だ凶だと いうようなことが 昔から よくいわれてきた。 世間の人はそれを 信じているが そんな道理が あるわけがない。 運・不運、禍いや福 吉や凶は 方角や…

前倒しの人生

貧者は昨日のために 今日働き 昨年のために 今年働く。 そのために いつも苦しんでいて 働きの効果が出ない。 富者は、明日のために 今日働き 来年のために 今年働くことから 余裕をもって 望むことができ することが ほとんどうまくいく。 二宮尊徳翁。 明…

イチロー小学6年生の作文!願えば叶う!

僕の夢 ぼくの夢は 一流のプロ野球選手に なることです。 そのためには 中学、高校でも 全国大会へ出て 活躍しなければ なりません。 活躍できるように なるには 練習が必要です。 ぼくは、その練習には じしんがあります。 ぼくは3才の時から 練習を始めて…

自我とは

自我とは 恨み、憎しみ、妬み 嫉妬、怒り 愚痴の心です。 例えば、お日様が 慈非の光をおあたえ 下さっているのに この下敷きが 自我である。 太陽の光と 自分の間に 自我(下敷き)を おいてしまい 自ら太陽の光を 暖かい慈悲を 遮ってしまって いるのです…

恩に報いる 報恩

恩を受けても それに 報いていないことが 多いのではないか。 恩・徳に報いることは 全ての行いの 最高位にあり 全ての善行の最初に 位置するものと 言うべきものである。 よくその根源を 追求して 見極めてみるが良い。 二宮尊徳。 して頂いたことに対して …

マザーテレサ・3人の天使

あるところに 1人の少女がいました。 少女はちいさな手に きれいな愛らしい花を 3本持っていました。 これからおばあちゃんの お見舞いに行くために 途中のお花畑で 摘んできたのです。 おばあちゃんの お家についた少女は おばあちゃん いつもわたしに 優…

読書と実践

書物を読んで 実践しない者は 鍬を買って 耕さないのと 同じ事だ。 耕さないなら どうして 鍬を買う必要が あろう。 行わないなら どうして書物を 読む必要があろう。 読書と実践を あいたもつことは ちょうど織物が 縦糸と横糸とあって 始めて出来上がるの…

神仏には、感謝!!!

二宮金次郎42歳の時、成田山新勝寺に21日間の断食修行にでたときの照胤(しょういん)和尚のお話 詫びなされ、深く深く反省して、心の底から詫びなされ、ひとつ詫びればひとつと、心が透明になっていきましょう。 神仏はお医者様ではございませんでな、…

至誠 勤労 分度 推譲!!!

-----至誠-----至誠とは 真心でありわが道は 至誠の実行のみという 言葉の通り二宮尊徳翁の仕法や思想 そして生き方を貫いている 言葉です。-----勤労-----至誠とは 真心であり勤労とは 至誠を 行動すること である。-----分度--…

一円融合 Ⅰ !!!

金次郎 幼少期 金次郎、ん、なんだい五郎太。どかっ どっ、なにするのだ。いきなり理由を言え、オラ殴られる覚えはないぞ。 理由・・・・・いい子金次郎。まじめな子金次郎。親孝行な金次郎。勤勉な金次郎。勤労な金次郎。こんなにあるじゃねえけ。おいしい…

一円融合 Ⅱ !!!

一円、これが天地万物の根拠である。いまだ天と地が分かれず、陰と陽の対立がなく混沌とした状態で、まるで鶏卵(たまご)の中身のように形状がなかった。 このひとつの円から宇宙のすべてのものは、分かれ、発展した。やがて一元から清と濁(だく)が生じ、…

二宮金次郎って どんな人? !!!

二宮金次郎?あ~あの、教科書的な人、美談、善行の人、全国民の理想的な少年、よく小学校校庭で見かける薪を背負い本を読んでいる二宮金次郎の立像あれが金次郎観を誤らせた原因であると考えます。 実際の大人になった金次郎は、身の丈、六尺(約1.8m)…

善には善!!!

善には善。悪因に悪果とは人々の知るところであるが、目前に萌(きざ)して目前にあらわれるなら人々はこれを恐れ謹んで、善の種を植え、悪の種を除くのであるが、今日蒔(ま)く種の結果は目前には萌(きざ)さず、五年、十年、二十年、あるいは五十年の後…

〈のに〉が出たときは愚痴 こっちに〈のに〉がつくと むこうは 「恩に着せやがって──」 と思う!!!

あんなに世話をしてやったのにろくなあいさつもない、あんなに親切にしてあげたのに、あんなに一所懸命つくしたのに、のに……、のに……、のに……、〈のに〉が出たときは愚痴こっちに〈のに〉がつくとむこうは「恩に着せやがって──」と思う 庭の水仙が咲き始めま…

忠義の精神!!!

血脈がなくても親兄弟のように尽くす真心を忠義と言う。英明な君主のもとで忠義を尽くす家臣は珍しくない。暗愚な君主に仕えて忠義を尽くす人物こそ真の忠臣である。 慈悲深い父のもとで孝行をする子供は珍しくない。頑迷な父に仕えて孝行を尽くす人物ほど真…

言い訳は成長の敵!!!

言い訳が習慣になるとすぐに他責にしてしまいます。 タイミングが悪い、電車が悪い、天気が悪い、地域が悪い、上司が悪い、部下が悪い言い訳はいくらでもできます。 主因は我にありですべての責任を自分の責任だとする考え方、一番成長できるのはできたこと…

世界平和のために何をしたらいいか?

世界平和のために何をしたらいいのか? 家に帰って家族を大切にしてあげてください。マザーテレサ 人が育つのはまず子供の頃の家庭環境です。家の家風で人が育ちます。人間は皆、愛する心を持っています。家族を愛している、夫を愛している、愛国心や郷土愛、…

素直な心!!!

過ちて改めざる是を過ちと謳う 間違えることは誰にでもあるが本当の過ちは間違ったと気づきながらそれを改めようとせずそのまま放置することである。 松下幸之助氏は人間の成長のために一番大切なものは素直な心だと仰いました。 成長するのに年齢は関係ない…