ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

ゴルフ考え方 名言 懐メロ を 紹介 する ブログ です。

シンプルに、ショートパットはフェイスの向きが全てです!!!

ショートパットを

感覚で
打っている
人がいます。

入っている時は

いいですけど
入らなくなると

迷路に入ります。

やはり感覚でしか

ないのです。

ショートパットは
フェイスが直角に

ボールに当たれば
少々インサイドに

引こうが
アウトサイドに

引こうが
必ず入ります。

1m、2mのパットが
斜めから

入ったのでとか
こすれたので

などの物理的に

ほとんど曲りと
関係ないレベルの

理由や
多少の摩擦などで
ボールが曲がる訳

ないのです。
当たった面に

直角に必ず進みます。

まず直角に構える

練習です。
想像より右を向いている

場合が多いです。
糸を引いての練習が

ベストです。

定規を置いてでも

できます。

そしてパターの

ソール(底)を
必ず併行に

することです。

ほとんどの人が
パターの先が

上がっているのです。

もしくは

下がっているのです。

基本的なことなのですが

上がっていると
多少なのですが

左に転がるのです。

下がっていると
多少なのですが

右に転がるのです。

それを感覚で

調整して
今まで入れて

きたのです。
だから一度崩れると
訳が分からなく

なるのです。

まずソール(底)を

真っすぐに

地面につける事です。

次にラインの直線に

対して
直角をしっかり合わせて

みてください。

ここから考えることは

一つだけ
細かく考えないで

距離感だけ引き
直角に当てることだけ

考えるのです。

直角に当たれば

ショートパットは
必ず入ります。


まず信じることです。

ソールを併行に

することです。
先が上がっていたり
下がっていたら

駄目なのです。

そして真っすぐの

ラインに
直角にフェイスを

合わすことです。

距離感だけ引き
そして単純に直角に

当たるように
ミートすることです。

これを習得すると

崩れない
ショートパットの

名手になれます。

お試しあれ。