ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

ゴルフ考え方 名言 懐メロ を 紹介 する ブログ です。

パターが良くなった考え方!!!

一番は歩測をしたことです。1歩1ヤードで合わせていましたが、早い時期に自然の一歩が一番正確なのに気づき、1歩65cmの自然な歩測を始めました。

8.5フィートの一番行くゴルフ場で、5歩、10歩、15歩、20歩の距離感を磨きました。今では無意識で、5歩、10歩と唱えるだけで打てるようになりました。これが一番です。3パットを滅多に打たなくなりました。

次にボールにラインを入れたことです。ボールのラインとパターのシャフトの片面を合わせて常に正しいストレートラインが打てるようになったことです。パターの芯とボールのラインが必ず直角にそしてボールの真芯に当たるようになったことです。

そしてパターのヘッドをトゥーを上げたり下げたりしないでいつも地面と平行です。

それらを工夫したことによりいつも同じ転がりができるようになりました。

そして入れる時の最大のポイントはラインを1ラインにしたことです。たくさんのパターに関する本を読みました。パターのフェイスが直角に当たれば必ず真っすぐに転がることに気づきました。

ほとんどの人がボールの横で素振りをして、そして本番とラインが微妙ですが2ラインになります。ちゃんとずれている分、目標をずらして構えている人は滅多に見たことがありません。

右利きでしたら数ミリ左からホールの中心に向かって斜めの目標に素振りし本番真っすぐの目標で打っているのです。2つのラインになることが自分自身許せなかったのでラインの真上で素振りをし距離感イメージしてそしてボールの後ろにセッティングして打つという1ラインの考え方からくるパッティングを編み出しました。

よく一緒に回ると終盤に真似をする人がでできます。多分、数ミリ左からホールに向かって斜めに素振りしてまっ直ぐ打つことに、もしくは数ミリ左から目標を数ミリ左にずらして・・・そういう人は滅多にいませんが・・・素振りした後、真っすぐ構えてまっすぐホールに向かって打つことに違和感を感じているので真似をしたくなるのだと思います。

1ラインの考え方をマスターしてからは狙ったところに良い転がりで打てるようになりました。

宮里藍も私と方法は違いますがボールの後ろで素振りをしてイメージし真っすぐを合わせたら一発でパッティングする1ラインの考え方でした。

今話題の渋野選手もそうです。お試しあれ