ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

よくある砲台グリーンへのセカンド、サードショットのコツ

砲台グリーンに

向かっての

150ヤードぐらいの

ショットをよく見ます。

 

よく飛ぶ上手い人は

120ヤードぐらいの

セカンドシッョトを

よく見ます。

 

グリーンに向かって

左足上がりで

グリーンに向かって

上ってるショットの

確率が多くなります。

 

90切るぐらいの

まあまあ上手な人でも

距離が短くなれば

なるほど

勾配がきつくなれば

なるほど

左にひっかけています。

 

ショートの

可能性も多いです。

 

まず理論を

頭に入れましょう。

 

対策なしに

普通に振れば

ショートアイアンほど

左に行きます。

 

そしてフェイスが

開くので高く上がり

距離がでません。

 

私はまず力まない

ショットで

ピンより右側を狙って

1割分距離を足します。

 

50ヤードなら

プラス5ヤード

100ヤードなら

プラス10ヤードで

読みます。

 

そして力まない

本番モードの素振りで

弾道をイメージします。

 

今までの経験を

フルに思い出して

自然にでる球筋で

勝負します。

 

強い左足上がりで

グリーンに向かって

強く上ってる状態では

さらに左にひっかける

距離をロスをすることを

イメージして打ちます。

 

砲台グリーンは

感じをだして

打つほどショートする

私の経験での

イメージです。

 

ひっかけることと

距離をロスすることを

いつも頭に置いて

プレーしています。

 

お試しあれ。