ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

私のパッティングの考え方その1

アべレージ80台後半

ぐらいで簡単なコースや

白ティーからだと

年に1~2回70台が

出るくらいの実力の

私のパッティングの

考え方です。

 

まず

気に入らなかったのは

2ラインの考え方です。

 

ボールをホールに入れる

ラインは1ラインの

はずです。

 

ボールの後ろにキチンと

セッティングして本番の

本物のラインと

 

線路の様に平行に

移動した素振り用の

ラインで

 

2ラインが存在します。

 

プロでも1ライン派と

2ライン派がいます。

 

素振りは真後ろで

強さやタッチを

イメージして

そして本番

本ラインにスタンスを

取るという

1ライン派のプロと

 

ボールとホールの

本ラインの横から

線路のようなラインを

イメージし素振りして

本ラインを打つ

2重ラインの考え方の

プロがいます。

 

プロは毎日のように

本グリーンで

練習しているので

どちらでもいいのです。

 

でもたくさんのプロが

線路のような

2重ラインを嫌がり

真後ろで違う方角を見て

素振りをしている

ところからも

 

2重ラインを私の様に

嫌がっているプロがいる

証拠だと思います。

 

練習量の少ない

アマチュアは絶対に

1ラインの考え方が

良いと思います。

 

ほんの少しの違いでも

多少ずれた違うラインで

素振りをして本番に入る。

 

練習不足の人には

入る根拠が全くないと

思います。

 

感覚で打てるまで

量を多く練習するか

 

練習時間に限りが

ある人には

1ラインの考え方を

お勧めいたします。

 

お試しあれ。