ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

私のパッティングの考え方その2

2重ラインが嫌いです。

ラインは1つの

考え方です。

 

パッティング色々

勉強しました。

本も読みました。

 

まず芯で打つ練習です。

真芯で打てるように

印、ラインの入った

パターがいいと思います。

 

ラインなしで

毎回芯で打つことは

相当難しいです。

 

プロ並みの練習量が

必要です。

 

ボールにラインを書き

ボールのラインと

パターのラインを

しっかり合わせて

芯で打つ練習です。

 

芯でしっかり打てる

ようになったなら

私は、グリップは

強く握るのが

ベストだと思います。

 

フェイスがキチンと

目標に直角に向いて

当たれば必ず

真っすぐ転がります。

 

よく言うフェイスと

ボールの摩擦で

曲がることは

物理的に絶対に

ありえないことです。

 

なぜ曲がるか

芯で打ててないので

ボールに勢いがないので

芝に負けたりして

曲がるのです。

 

芯で打つトレーニングを

マスターした人は

次は目標にフェイスを

しっかりと

直角に合わせる練習です。

 

そしてその合わせた

フェイスを微動たりとも

狂わせないことです。

 

それがフェイス全体が

アウトに上がっても

インに上がっても

全く問題ないのです。

 

ただフェイスが

目標と直角に当たって

芯で打てていたら必ず

真っすぐ転がるのです。

 

そのためには

ゆるゆるグリップでは

だめです。

 

しっかりとした

グリップでフェイス面を

変えない強めの

グリップです。

 

ショートパットも

ミドルパットも

ロングパットも同じです。

 

あとは距離感だけです。

 

どっちみち

プレッシャーの

かかる時には

腕がスムーズに

動かなくなります。

 

そのための練習を

日ごろから強く

グリップを

握ってしておく

という考え方です。

 

お試しあれ。