ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

精神的にも技術的にもスロースタートのすすめ

 

朝一番の

ティーショットの前

何を考えていますか。

 

まずストレッチを

念入りにします。

 

50過ぎてからは

足首と手首が固いのが

よくわかります。

 

念入りにほぐします。

股割をします。

健康骨を

柔らかくします。

 

ドライバーゆっくり

素振りして

イメージします。

 

一番いいのは

今日、昨日の

練習場の球筋を

イメージします。

 

朝一に万が一にも

左ひっかけや

チーピンはない

タイプですので

体の回っていない

朝一、昼一は

よく右方向に

ボールがでます。

 

その最悪を

リスク管理して

少々右にでても

大丈夫な方向に

狙いを定めます。

 

そして打ちっぱなしの

イメージと同じように

コースに平行になる

アドレスの

ポジションを探します。

 

よく上級者に

ティーグランドを

斜めに使うといいと

アドバイスされます。

 

何度かやってみましたが

フェード、スライス派の

私は打ちっぱなし場と

同じ平行の

イメージが良いです。

 

斜めにコースを使って

アドレスすると

余計にスライスする

イメージがあります。

 

そしてOBと

池、林などでなければ

どこでもOKの

気持ちで打ちます。

 

OB以外で

池、林など以外は

全てフェアウェイ

だという緩い結果でも

自分を許す気持ちです。

 

90ゴルファーなら

ボギーで十分

 

100以上の

ゴルファーなら

ダボで十分の

イメージです。

 

大きな気持ちで

思いっきり気持ちよく

ティーショット

してください。

 

OBだけ打たないように

自分の球筋を考えて

距離も前に進めば

150ヤードでも

OKの気持ちです。

 

お試しあれ