ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

アドレスの向きを考える

アドレスを

真っすぐ構える

これはプロでも

難しい事です。

 

私も練習場で

棒(スティック)を

置いて真っすぐの

確認をします。

 

よくプロも

やっていますよね。

 

方法はググれば

何通りもでてきます。

 

プロでも段々と

狂ってくるので

いつもチェック

しているのです。

 

アマチュアなら

常に狂ってきて

当然です。

 

私が色々やってみて

一番良かったのは

風景を覚えることです。

 

道路などで真っすぐな

線を見つけてください。

 

それを真後ろから

見てください。

 

その風景を

目に焼き付けてください。

 

次はその線に

向かって併行に

アドレスして

みてください。

 

首だけ回して線を

見てみてください。

 

少し左に見えるのです。

これを目に

焼き付けるのです。

どれぐらい

左に見えるかをです。

 

コースでは

スティックを置いたまま

打つことはできませんので

その見え具合いを

目に焼き付けるのです。 

 

とにかく

道路

(道路が一番多いです)

でも体育館でも

室内でも

真っすぐな線を

見つけたら

真後ろから見る

そしてアドレスして

首を左に向けて見る。

 

線がどれだけ

左に見えているか

これを

目に焼き付けるです。

 

これが私の中での

一番のアドレスを

真っすぐ立つ方法です。

 

ゴルフは

対象物(例えばピン)が

目線から見ると

真正面ではありません。

こんな

スポーツは無いのです。

 

ボール基準で

見る対象物は

真っすぐでも

目線から見る

対象物は

真っすぐでは

ないのです。

 

ゴルフは

目は対象物に対して

90度(直角)の方角を

見て打つ

スポーツなのです。

 

これは私の経験値からの

見解です。

 

根拠となる

資料はありません。

 

真っすぐ構えると

目の錯覚で

左を向いているように

目の錯覚で見えるので

本能的に気持ち悪くて

右に向こう

右に向こうと

しているのだと思います。

 

100オーバーの人を

じっくり

見ていてください。

 

最初から

右を向いている場合が

多いのですが

キチンと真っすぐに

向いていても

もじもじと

アドレスを

繰り返している内に

だんだんと

右に向いていくのです。

面白いように

右に向いていきますよ。

 

これはパッティングも

一緒なのです。

 

短くてもほんの少し

左に見えるので

本能的に

右に右に

向くようになるのです。

 

右に向いているのを

左に打って

入れようとしているので

私から言うと

毎回感だけで

打っているので

調子が悪くなると

訳が分からんようになり

ボロボロになるのです。

 

真っすぐな線を

見つける。

 

真後ろから見る。

目に焼き付ける。

 

キチンと併行に

アドレスする。

首を左に回してみる。

その風景を

目に焼き付ける。

 

お試しあれ