ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

飲む日焼け止めパバ+プラセントレックス(美白・美肌)

単品ずつ買うより断然お得!シミやしわ、たるみの原因となる日焼けを予防してくれるパバ、そしてできてしまったシミ、しわ、たるみを改善するアンチエイジング効果抜群のプラセントレックスがセットになりました!

飲む日焼け止めパバ+プラセントレックス(美白・美肌) 飲む日焼け止めパバ+プラセントレックス(美白・美肌)

商品詳細

パバは、ソース・ナチュラルズ社から製造・販売されているパラアミノ安息香酸のサプリメントです。有効成分パラアミノ安息香酸はPABAといわれ、人体にとって重要な栄養素である葉酸の前駆体であり、ビタミンBxと呼ばれていました。

ビタミンはほとんどの場合、体内で十分量合成することができず食事から摂取する必要があるもののことを意味します。パラアミノ安息香酸は、発見された当時、ヒトにとって必須な栄養素であると思われたためビタミンBxと呼ばれましたが、現在ではヒトにとって必須栄養素ではないことがわかり、現在ではビタミンには分類されていません。ヒトにとって必須な栄養素ではないことがわかりましたが、ヒトにとって有用な成分であることには変わりありませんでした。

パラアミノ安息香酸をエチルエステル化されたもの(アミノ安息香酸エチル)は、局所麻酔薬として胃の痛みや吐き気を抑えるため胃腸薬や乗り物酔いのお薬などに配合され、多くの方に利用されています。

パラアミノ安息香酸自体は、紫外線をカットして日焼け止めを防止する「飲む日焼け止め」として効果があるとされ、多くの方に利用されるようになっています。ボトル1つに100錠入っていて、パラアミノ安息香酸が1錠に100mg配合しています。毎日1日1錠摂取するだけで、身体の内側から紫外線によるダメージから皮膚を守り、日焼け防止効果が期待できます。

日焼けの原因である紫外線とは、目に見えない太陽からの光線のことです。適度に紫外線を浴びることはヒトにとって有用で、殺菌効果や骨の形成に必要なビタミンDの産生にかかわっています。有害な症状としては紫外線を長時間浴び続けることで日焼けをし、皮膚の老化やシミ・そばかすなどの症状をあらわします。症状が進行し、悪化することで最悪皮膚がんになることもあります。

春から夏にかけて紫外線の量は上昇しますが、基本的には1年中我々は紫外線を浴びて生活しています。 夏の時期に限らずどの季節でも我々は日焼けをする危険性があります。日焼けによる皮膚がんや、シミ・そばかすの発生を予防するために、夏の時期だけでなく毎日継続してパバを摂取するのがお勧めです。

パバは菜食主義者(ベジタリアン)の方でも摂取できるように設計されていて、乳製品、卵、を含んでいません。また、砂糖、防腐剤、人工着色料、香料なども使用していません。

注意点として、パラアミノ安息香酸は皮膚細胞のDNAに損傷を与え、皮膚がんを誘発するおそれがあると報告されています。日本でも、厚生労働省によりすべての化粧品は100g中の最大配合量は4gまでと制限が決められています。日焼け止め防止の効果を期待して、過剰な量のパラアミノ安息香酸を摂取するのは避けるようにしてください。

パバは優れた飲む日焼け止めとして多くの方に愛用されていますが、より強力に日焼けを防止するのであれば塗るタイプの日焼け止めと併用したり、物理的に紫外線を遮ることができる日傘や皮膚を露出しない長袖長ズボンなどを使用して日焼けを防止するようにしてください。

使用方法

パバは、有効成分パラアミノ安息香酸として1日1錠を水またはぬるま湯と一緒に服用するようにしてください。

 

プラセントレックスの効果・効能

プラセントレックスは人間の胎盤から有効成分のみを抽出したエキス、すなわちヒトプラセンタを1gを配合した外用ジェルです。

プラセンタは赤ちゃんがお腹の中で成長してくために欠かせない大事な器官です。

赤ちゃんにたくさんの栄養を与え成長させなければいけないので、胎盤には生命の源となるアミノ酸、タンパク質・脂質・糖質の三大栄養素、ビタミン、ミネラル、核酸、ムコ多糖、酵素などといったありとあらゆる栄養素が詰まっています。

中でも「成長因子」という細胞を活性化し新陳代謝を促進して新しい細胞を生み出す成分がプラセンタ特有の重要な成分です。

細胞そのものに働きかけて若返らすために、優れた美容・治癒効果を発揮します。その他、血行促進作用・基礎代謝の向上作用・抗酸化作用・抗炎症作用など様々な効果も兼ね備えています。

プラセントレックスの有効成分ヒトプラセンタは細胞に働きかけ、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進させ、新しい細胞を作り出すように働きかけます。

これにより、肌に残ったシミやシワを取り除く&予防する・酸化を防ぎ紫外線ダメージから肌を守る・肌トラブルを防ぐなどの美肌効果で、常に若々しく美しい肌を保つことができます。

水分保持機能が整うことにより保湿やアンチエイジング効果も大いに期待できます。

更に、新しい細胞を作り出してくれることによって残った傷跡やニキビ跡を目立たなくする効果もあります。

プラセントレックスを継続して使用することによって、高額な化粧品のスキンケアをも上回るほどの肌の再生・美容効果があると言われています。

加齢や肌荒れが気になる方に非常にお勧めです。

<このような方に特にお勧めです>

  • 擦り傷・火傷などの傷跡の治療
  • 美白・美肌(シミ・ニキビ跡などの色素沈着を改善する、毛穴を小さくするなど)
  • シワ・たるみなどに対するアンチエイジング
  • 寝たきりの方に起こりやすい褥瘡の治療
  • リストカットの傷跡を薄くする

用法と容量

  • プラセントレックスは2~3回/日、気になる部位に塗布します。
  • プラセントレックスジェルを塗布する場所を、使用する前によく石鹸などで洗い流して、綺麗なタオルなどで拭き清潔な状態にしてください。
  • 清潔にした後、ジェルを適量指にとり、塗りたい部分に直接塗布してください。

円を描くようにマッサージしながらジェルを薄く塗り広げると、肌の内部によく浸透して効果的です。

  • 塗布した後は、数分ほど乾かしてください。

必要な場合は、滅菌処理がされたガーゼなどにジェルを塗布し、傷口に当てることもあります。尚、無痛性潰瘍や床ずれに使用することはできません。

  • 塗布した後は、手についたジェルを石鹸などで十分に洗い流しましょう。
  • 塗布し忘れた場合には、気付いた時に1回分を塗布するか飛ばしてください。

2回分を1度の塗布で使用することは避けてください。

  • 塗布した部位に発疹・赤み・痒みなどのアレルギーの症状が起きた場合はすぐに使用を中止し、塗布したジェルを拭き取り、すぐに医療機関を受診してください。

プラセントレックスを継続的に塗布していくと、血行促進、老廃物の除去、ターンオーバーの促進などの効果が期待できます。

着目すべきは肌のターンオーバーです。

ターンオーバーは約28日の周期で肌が生まれ変わることですが、周期は加齢と比例して遅れていくため、30代以降は肌にシミや傷が残りやすくなります。

プラセントレックスはこのターンオーバーを早めることで、傷跡・やけど跡・ニキビ跡などの色素沈着を元の肌の状態に戻し、新しい細胞を作り出しアンチエイジング効果を発揮します。

最大限の効果を得るために

  • 夜に使用する際は入浴後をお勧めします。

しっかり湯船に浸かると血行が促進され毛穴が開くので、肌の吸収率が高まります。

  • 入浴後はすぐに化粧水を塗布して乾燥を防ぎ、その上にプラセントレックスを塗布してください。

プラセンタとは

先述した通りプラセンタは哺乳類の胎盤のことで、プラセントレックスは人間由来の胎盤エキス(ヒトプラセンタ)を含有しています。

胎盤には赤ちゃんが成長するために必要な栄養が非常に豊富に詰まっており、10ヶ月の間に0.1mmほどの小さな受精卵から3㎏ほどの胎児に育て上げるという驚異の働きを持つ、まさに生命を司る組織です。

その豊富な栄養素を利用するため、プラセンタは大昔から薬として使用されてきました。

クレオパトラやマリーアントワネットも愛用したと言われています。

現在では多くのプラセンタに関連する製品が世界中で販売されています。

国内でヒトプラセンタは医薬品であるため注射剤にしか使用できません。(国内のサプリメントや化粧品は全て馬や豚といった哺乳類の胎盤が原料です。)

ヒトプラセンタは高品質で安全性が高く、貴重で高価な成分です。

そのようなヒトプラセンタがたっぷり配合された当製品は、非常に対効果のコストパフォーマンスの高い外用ジェルだと言えるでしょう。

日本のクリニックなどで手に入れる場合

まず、ヒトプラセンタは内服・外用共に日本では認可されていないため流通しておりません。

馬・豚プラセンタの内服(サプリメントやドリンクなど)や化粧品であれば数多く販売されております。

国内でヒトプラセンタを取り入れることができるのは注射のみです。

そのため医療機関で診察を受けて処置をしてもらう必要があります。

プラセンタ注射は更年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害の治療に対して保険適応があります。

保険適応であれば3割負担になるため費用はさほどかかりません。

ただし、美容目的の場合は自由診療になるため全額自己負担となります。

クリニックによって価格設定にばらつきがあり、相場は1アンプル2,000〜10,000円となります。

また、効果を持続するために週1回通院して注射をしてもらうとなると月々の出費は10,000円以上になります。

プラセンタ注射は内服・外用よりも即効性や効果が優れていますが、献血ができなくなる(報告はありませんが感染症のリスク回避のため)ことや通院の手間、注射の痛みなどのデメリットがあります。

飲む日焼け止めパバ+プラセントレックス(美白・美肌)

新着ニュース一覧