ゴルフ考え方 名言 懐メロ ざんまい

お得で効果抜群のジェネリック医薬品も紹介しています

運・不運 Ⅱ

ここにひとつの

器がある。

それに己

というものが加わると

その器は必ず傾く。

傾けば器の中の水は

必ず前後左右に

増減する。

それを世間では

だれが運がよい

だれが運がない

などというのだ。

これはだれそれ

という己が

あるからだ。

己がなければ

前後もなければ

左右もない。

古語に

天運循環して

往(い)きて

復(かえ)らざる

はなしといっている。

これは天体の運行は

休みなく

めぐっていて

ひとたび行っても

また必ず帰ってくる

という事だ。

傾いた器の水が

増減することを

いっているのだ。

わたしはこのように

歌を詠(よ)んでみた。

増減は器傾く水と見よ

あちら増せば

こちら減るなり

田畑に肥料をやる者は

目の前の利益は

なくとも

秋になれば実りが多い。

その時運が増すのだ。

遊びほうけて

田畑をほっておいた者は

秋になって

実りが少ない。

この時、運が減ったのを

知るだろう。

みなはっきり

分かることで

どんな愚かな人でも

この道は分かろうな。

この道理を知って

仕事に励むなら

道を悟ったのと同じだ。

その時には

なにをしても

利益がある。

これに反した事をすれば

なにをしても

損失がある。

まことに

分かりきった道理だ。

 

営業に魔法の杖はない

日本一BMWを

販売した伝説の

セールスマン

飯尾昭夫氏のお言葉

 

売れない営業マンは

お客様からの

「何々して欲しい」

っていう気持ち

ここを

大事にしないのです。

 

「車が欲しい」

「買い換えたい」など

売上げに

直結することには

すっとんで

行くのですが

それ以外の

ことについては

優先順位を

一番下にしている。

 

一方

売れる営業マンは、

些細な

煩わしいことでも

お客様の要望に

すぐ応える。

 

即やる。

 

最初は、労だけ残って

益はないのですが

それが積み重なって

お客様から

評価を頂ける。

 

あの時ちゃんと

やってくれたから

あの人から買おうと

 

それが成績に

全部繋がって

いくのです。

 

二宮尊徳翁と同じこと

言っていますね